MMS レガシーの殻を破り、ビジネスプロセスの変更へ 迅速に対応するオープンシステムを。

タッチモニタ操作対応使い易さ業界No.1! PDAオーダリングシステム インターネット予約システム(自社HP&予約サイト連動) 自動精算機(自動チェックイン機能)CTIシステム
基幹システムの現状とオープン化の課題

 現在も、日本国内の多くの企業、組織の基幹システムは、メインフレーム上で稼働しております。
 メインフレームを利用している企業、組織において、状況の変化に柔軟に対応できる基幹システムの必要性と、近年の市場不安の影響から、基幹システムのオープン化とメインフレームの維持コスト削減は大きな課題かと思われます。

オープン化の手法としての《MMS》

 メインフレームからのシステムオープン化の手法には、オープン環境下での再構築やERPパッケージの導入による業務改革などがありますが、特に基幹システムの場合は莫大な費用・工数・期間とリスクをともなうため、決して最適な方法とは言えません。
 東京システムハウスは、いままで築き上げた基幹システムのアプリケーション(COBOL 資産)や保守・運用のノウハウは、その企業、組織の財産であると考えております。そこで当社は、COBOL 言語を中心に構築されたアプリケーションを有効活用し、メインフレームの基幹システムをオープン化するためのサービス(メインフレーム・マイグレーション・サービス《MMS》)を提供しております。

《MMS》の特徴

 当社は1995 年から10 年以上にわたり、メーカー、業種・業態を問わず様々なお客様にレガシープラットフォーム(メインフレーム、オフコン)からのオープン化を提供してまいりました。それらのノウハウは、《MMS》のコンサルティング・サービスやリソース変換サービス、マイグレーション用のミドルウェア《AJTOOL》に凝縮されております。
 《MMS》と《AJTOOL》は、既に100 件以上のお客様に採用いただき実績を重ねてまいりました。基幹システムのオープン化はもちろん、オープン化後のシステム保守・運用など、様々な面でお客様にご満足頂いております。

《MMS》のメリット

 《MMS》は、お客様がいままで築き上げたアプリケーションを失うことなくオープン化を実現します。また《MMS》はメインフレームで稼働している基幹システムを、いち早く、少ないリスクでオープン化することができるため、コスト面においても優れています。高度な専門知識を持ち、長年の経験を積んだマイグレーションのエキスパートが、お客様のご要望に合わせた《MMS》をご提供いたします。
 さらに《MMS》は単なるオープン化の手段だけにとどまらず、最新のオープンプラットフォームのテクノロジーを採用することで、オープン化後は柔軟な基幹システムを実現することができます。
 東京システムハウスは、マイグレーションの豊富な経験とノウハウを生かし、お客様の基幹システムの将来を見据えた、付加価値の高いマイグレーションサービスをご提供いたします。

MMS とは?MMS = Mainframe Migration Service(メインフレーム・マイグレーション・サービス)
マイグレーション工程 東京システムハウスでは、マイグレーションの上流工程にあたる調査・分析・設計から疎通テストまでをMMSの主なサービスとしてご提供いたします。
各資産移行方法 東京システムハウスが独自開発したリソース変換ツールを用いて、コンバージョンを行います。各種ミドルウェアはAJTOOL を用いて連携を図ります。
AJTOOL とは? AJTOOL = Advanced Joint Tool( 先進的な結合ツール)
ホームページはこちら

ページの先頭へ