AJTOOL

OverviewAJTOOLとは

マイグレーション用ツールAJTOOLで、アプリケーション資産と新環境のスキマを補います

OPEN PLATFORMオープンプラットフォーム

  1. Advanced Joint TOOL (直訳:先進的な結合ツール)
  2. COBOLJCL、オンライン、帳票ツール、運用監視ツール、OLTPといったシステムを構成する各要素を、オープンシステム上で結合するためのプログラム群の総称です。
  3. AJTOOL自身もCOBOLで作成されているため、Micro Focus COBOLが作動する環境であれば、AJTOOLを利用することができます。
  4. AJTOOLは、東京システムハウスの10年以上のマイグレーションサービスの過程で作成され、お客様のニーズに合わせて機能拡張されてきたプログラム群です。
  5. マイグレーション後のCOBOLアプリケーションの運用における東京システムハウスの様々なノウハウが凝縮されています。

BATCH FRAMEWORKバッチ処理を実行するためのフレームワーク

JCLスクリプトの実行制御プログラムAJ_JCLを中心に、バッチ処理を実現し、
メインフレームユティリティーの代替機能を提供します。

JCLファイルを読込み、スクリプトの指示に従って、アプリケーションの起動や、条件分岐制御などを行います。以下はAJ_JCLの主要な機能です。

■ 文字列置き換え機能
■ プログラム呼び出し文
■ ACCEPT文
■ ラベル定義文
■ 無条件分岐文
■ ジョブステップ開始文とステップ実行文
■ 中断停止文
■ DISPLAY文
■ DEFINE文
■ パラメータファイル定義文
■ ジョブグループ宣言文
■ ファイル宣言文
■ WHILE文
■ パラメータ変数定義文
■ SET文
■ ログファイル出力
■ 終了文
■ ファイル連結
■ ユーザー変数定義文
■ ユーザー変数定義文
■ システム呼び出し文
■ 挿入文
■ コメント行
■ 条件分岐文
■ JCLリスタート機能

CUI FRAMEWORKオンラインプログラムの実行支援フレームワーク

移行したCUIプログラムの実行時に便利な各種機能を提供しています

  1. メニューファイルを読込み、メニュー画面を表示します。
  2. 1画面につき、左右2列でそれぞれ10ずつ、20メニューを表示します。 Micro Forcus COBOLが作動する環境であれば、AJTOOLを利用することができます。
  3. COBOLプログラムや外部プログラムを起動することができます。

MiddlewareConnector

1. AJTOOL FormHelper Connector(FormHelper提供元:株式会社ユニリタ)

COBOLプログラムが作成した帳票テキストとオーバーレイファイルを FormHelper に引き渡し、印刷/プレビューを実行します。

2. AJTOOL DURL Connector(DURL提供元:株式会社ユニリタ)

スタート/エンドファイルを生成し、COBOLプログラムが作成した帳票テキストと共にDURLオートリクエスタの監視ディレクトリにコピーします。

3. AJTOOL Senju Connector(Senju提供元:株式会社野村総合研究所)

千手のメッセージモニタにメッセージを出力します。千手への応答要求を発行し、入力値をCOBOLで利用することができます。

4. AJTOOL JP1 Connector(JP1提供元:株式会社日立製作所)

JP1のメッセージモニタにメッセージを出力します。

5. AJTOOL SyncSort Connector(SyncSort提供元:株式会社アシスト)

Batch Frameworkのソートユーティリティ”AJ_SORT”のアドオンツールです。AJ_SORTのソートパラメータからSyncSortのパラメーターを生成します。

6. AJTOOL SVF Connector(SVF提供元:ウイングアーク1st株式会社)

帳票ツールSVFとのコネクターです。COBOLプログラムが作成した帳票テキストにSVF制御情報を埋め込みや改ページコードの変換を行い、Universal Connect/Xの監視ディレクトリに転送します。

J2EE & WTCFramework

J2EE Framework

WEBサーバー:

J2EEベースのアプリケーションサーバー(Oracle WebLogic Server, IBMWebSphereなど)

APサーバー:

Micro Focus Server for SOA

WTC Framework

WEBサーバー:

Oracle WebLogic Server

APサーバー:

Oracle Tuxedo & Micro Focus Server for COBOL

  1. WEBアプリケーション方式のオンラインフレームワーク
  2. オンラインプログラムをWEB アプリケーション環境で実行するフレームワークです。
  3. メインフレームの画面定義をJSPに変換し、COBOLビジネスロジックと連携します。
  4. AJTOOLの基本設計は同じものですが、COBOLサービスの起動方式の違いで2つの製品に分かれて提供されてます。

MacroProcessor

共通する記述を一元管理したり、記述形式の標準化を図り、開発生産性向上や品質、保守性の強化が可能です。
Net ExpressのPCOMP指令を使用し、IDEから直接使用することができます。