Customer Successオリジン電気株式会社様

お客様 オリジン電気株式会社様 ホームページはこちら
旧システム概要 システム内容 基幹システム(販売管理、生産管理、購買管理、原価管理、出荷管理、部品在庫管理)
移行対象機種 ACOS4
資産規模 COBOL 1365本
JCL 1107本
コマンドプロシージャ 100本
簡易言語(NL2) 105本
画面定義体(MFDL) 391本
帳票定義体(MFDL) 169本
オーバレイ(FDL) 100本
RDB(RIQS) 150テーブル
VSAM(VSAS) 50本
マイグレーションの目的 既存システムの運用を踏襲したまま、拡張性の向上およびシステムのオープン化を実現

ReasonsMMS選定理由

オープン化手法の比較と評価 既存資産
有効活用
コスト 期間 移行リスク システム機能 保守
メンテナンス
拡張性
再構築 × × ×
パッケージ ×
マイグレーション
MMS選定のポイント ①COBOL資産・開発スキルが継承できる ②ユーザインターフェースに変更無く、業務変更も無い
③納期厳守で安定的なオープン化を実現できる

solutionsマイグレーションにおける課題と対策

新システム環境への適応が不安

通常ベンダーが請負う照合テストを自社にて実施

プロジェクトの早い時期からオープン系へ慣れる事で、稼動後の技術力不安を取り除く

メインフレームに開発環境が無い

開発環境が無く、テストケース取得が困難である為、通常のマイグレーションプロジェクトと比べ、
照合テスト期間を長く予定

その為、照合テスト実施までの期間を5ヶ月間という短納期で予定

日常業務をこなしながら出来るか

常駐テスト支援を実施し、テスト実施ノウハウ及び簡易ツールの提供

オープン系製品の使用方法の教授を実施

Migration method各種資産移行方法

簡易言語(NL2)は、メインフレーム上で一旦COBOL化し、その後オープン系COBOLに変換

Scheduleマイグレーションスケジュール(実績)

Success factorsマイグレーション成功の要因

  • 移行対象外のリソースについても、予め変換作業のみ実施し、御客様作業において後戻り工数が発生しない様に対応
  • プロトタイプを実施し、特定のパターンの分析・移行設計を行い、ツール変換を実施
  • オンラインの照合テストについては、自社環境でテストを実施し、メインフレーム上の実データを確認しながら、テスト作業を実施
  • バッチの照合テストについては、部分的レコードの抜粋による照合テストを行い、複数回の処理を実施する事で、品質を向上
  • 本番稼動直後のミドルウェア不具合は、既知の問題以外はアプリケーションの修正で対応
  • データ移行シミュレーションを十分に実施

resultマイグレーション後の効果

処理性能向上

処理時間4時間程度のジョブが、20分に短縮

メインフレームでは、デイリーのバックアップは主要ディスクのみであったが、フルバックアップに変更

バッチ処理数を拡大(翌日対応となっていた個別処理を当日対応に)

コスト削減

メインフレーム完全撤去によるITコスト削減

PDF化によるTCO削減

安定稼動

本番稼動後ノーダウン

アプリケーションサーバは、HA構成に出来た為、可用性を確保

拡張性向上

外部との連携がとり易い、拡張性のあるシステム基盤を構築

保守・メンテナンス性向上

ブラックボックス化されていたシステムの一部が紐解かれた

スキルトランスファーを行いながらのプロジェクトになった為、新環境の適用も問題無し

メインフレームでは無かった開発系が構築できた事により保守性が向上

ORACLE、SVF化、GUI化を行った事で、ユーザーからの機能要望が増加

Future今後の可能性

PDF化を実施した事による、ペーパレス化の促進

インデックスファイルのRDB化

オフコンのオープン化