社員インタビュー③

マイグレーションソリューション部
システムエンジニア

木村 友哉

Tomoya Kimura

2015年入社
理学部出身

面白い会社だと思って

当時私は、就職活動でほとんどIT企業しか見ていませんでした。
そんな時に送られてきた当社からのDM。とりあえず説明会だけでも・・・というのがきっかけでした。
説明会では、社長自ら登壇されており、会社の社風や今後の展望などをお話しされていて他にはあまりない面白い会社だなと感じました。
選考中には、先輩社員との面談機会がたくさんあり、若手社員の方から中堅以上の方まで様々な分野で活躍されている話しをお聞きすることができ、年齢関係なく活躍できる場があると信じて入社を決めました。
また、人事担当者の対応の丁寧さにも惹かれました。

「自分で考えて行動する」ということをモットーに

思い出に残る仕事は、入社してから2か月経った頃、お客様先へ常駐しながらシステムの総合試験をすることになりました。
システム規模も大きく、業務内容もまだ把握しきれていない状況の中で、プログラムのテストだけでなく不具合修正も行わなければなりませんでした。
不具合発見時に「なんとなくこういう原因だろう」という気持ちでお客様へ伝えていたのですが、「根拠を提示してくれ」と返されてしまい、自分の行う仕事に対しての責任というものを初めて痛感した瞬間でした。
それから、「自分で考えて行動する」ということをモットーにプロジェクト完了まで突き進んだ結果、最終的にはお客様から「木村さんの持ってくる内容は安心できます」と言っていただけるようになりました。

新会社の立ち上げメンバーに

入社から2年目、合弁会社「アライズイノベーション株式会社」が設立されました。
私が、アライズイノベーションの立ち上げメンバーになったのは、直属の上司に「新しいことをやってみないか?」と声をかけていただいたことがきっかけです。

最先端な技術を研究・提供する会社に「まさか2年目の私が、、、」と思っていたので、声がかかったときは期待と同時に不安もありました。
しかし、若いうちから新しいことにチャレンジすることができていることが、今はとてもやりがいでありモチベーション向上にもつながっています。
東京システムハウス/アライズイノベーションともに若いうちから活躍できる場です。

マネジメントを目指して

システムエンジニアとしての技術だけでなく、将来はマネジメントに携わっていきたいと思っています。
今の目標は一作業者としてではなく、プロジェクト全体をけん引していけるような人材を目指しまた、技術知識のみならず営業や社内の他業務についても勉強してさらに上の人材になることを目標に日々努力しています。

自分の直感を信じて!

就活をしているとたくさんの業界や企業をみることになりますので、自分が本当に行きたいところが分からなくなり迷走状態に陥ることがあると思います。自分がそうでした。
どの企業に入るかは、他の誰でもなく自分が決断するしかありません。
自分の直感を信じて、妥協せず就職活動を頑張ってください。自分が何をしたいのか、どこに行きたいのか分からなくなってしまったら、もう一度初心に戻ってみてください。就活を始めたとき行った業界研究や自己分析を改めて行ってみると、また違った結果になるかもしれませんよ。

Q&A

オフタイムの過ごし方

好きなことを好きなだけ

休日は家にいるというよりかは外にでることの方が多いです。趣味は野球・バンド・スノーボード・お酒を飲むことなので、夏なら野球、冬ならスノーボード、1年間を通してバンドをしています。
会社の中にもサークルが多数あり、私も野球部と軽音学部に所属しています。サークル活動では、和気あいあいと活動しているので、普段の会社での仕事中の雰囲気とはまた違った形で楽しめます。
また、お酒もすごく好きなので休日は大抵友人と飲みに行くことが多いです。休日は好きなことを好きなだけして気分転換しています!

エントリー

他社員インタビュー