社員インタビュー①

ゴルフシステムサービス部
システムエンジニア

浅田 菜弓

Nayumi Asada

2016年入社
文学部出身

文系からエンジニアに!

私の所属するゴルフシステムサービス部ではゴルフ場の運営管理システムを全国のゴルフ場に提供しています。
既存のサービスだけでなく、ゴルフ業界の活性化を目指し「ゴルファーを増やす」ための新規サービスの企画・開発も積極的に進めており、私はそのチームで開発を担当しています。

ゴルフ練習場顧客をゴルフ場へ送客するWebシステムの開発や、ゴルファー向けスマホアプリの開発を行っています。

文系学部で開発経験はありませんでしたが、新入社員時代の社内研修や実務・先輩社員からのレクチャーを通して知識をキャッチアップしています。

形になること・成長を実感できる喜び

システム開発はものづくりと同じで、目に見える形で成果物が残ります。
自分たちで作ったシステムをお客様に使っていただけることは勿論ですが、修正したプログラムで問題が解決できて感謝してもらえたり、より高度な機能が作れるとやっぱり嬉しいです。
実際に手を動かしたり経験豊富な先輩社員に話を聞いて自分の知識が増やしていくことに喜びを感じます。
技術面の成長は特にわかりやすく実感できるので、それが仕事のモチベーションに繋がっています。

失敗した時こそチャンス

入社して初めてのプロジェクトは開発未経験ということもあり本当に失敗ばかりでしたが、上司や先輩のサポートを受けながらどうにかプロジェクトを終えて次のプロジェクトに入った時に、自分のできることが増えていると感じたときは嬉しかったです。
他にも業務でのミス、取引先とのコミュニケ―ションエラーなど…失敗はたくさんしますが、その度に振り返りをして「何がいけなかったのか」「次どうすればいいか」を考えるように心がけています。
ミスをしてしまった時は凹みますが、その後、同じミスを繰り返さないようにした工夫の効果が出たときに、自分の成長を実感します。

Q&A

入社を決めた理由

人事担当者のサポートが手厚かったこと

選考に進む前に、社員との面談を何度も設けてくれたことが印象に残っていました。
こちらの納得がいくまで先輩社員と面談し、仕事内容や社風などの話を聞いた上で選考を進められたため、入社を決めたときには不安や迷いはありませんでした。
人事担当者や面談した先輩社員も皆さん優しくこちらの質問に答えてくれて、「この会社なら安心してやっていけそう」と思い、内定を頂いてからあまり悩まず入社を決めました。

エントリー

他社員インタビュー