K2CryptoLib

M2M/IoT向け軽量暗号ライブラリ

組込みマイコン向けにチューニングしたライブラリ

・ROMサイズ12KB(最小構成)で動作
・Cortex-M0(16MHz)で動作



高信頼性/高速化を独自構造で実現(KCipher-2使用)

・KCipher-2
   - ストリーム暗号、米国標準暗号AESと比較し、7~10倍高速
   - 国際標準規格(ISO/IEC18033-4)に採用
   - 電子政府推奨暗号(CRYPTREC)に選定


実装をサポート

 鍵の秘匿など、セキュアに実装するための技術を
 支援いたします

・鍵動的生成技術(特許第5586758号)のAPIを同梱
・技術支援サービス(実装上のご質問に対しての助言)


仕様・特徴

  • 暗号方式:KCipher-2 (ストリーム形式共通鍵暗号)
  • 使用サイズ:ROM40KByte(最小構成12KByte)/ RAM160Byte
  • 鍵の動的生成技術(特許第5586758号)の機能モジュールを同梱
  • 搭載実績:16MHz(Cortex-M0)~700MHz(ARM11)の32bitマイコン

対応OS/CPU

  • Android / ARM
  • Windows / Intel X86,X64
  • Linux / Intel X86,X64
  • iOS / ARM
  • RTOS,OSなし / ARM Cortex-M

価格


性能 他

※KCipher-2はKDDI株式会社の商標および登録商標です。

組み込み例


・ 一般ユーザ向け機器

デジタル化されたコンテンツは複製しても品質が劣化しないことから、元ファイルから制限無くコピーを生成することができます。インターネット上には著作権を守るべき情報も多く、暗号化で保護するアプローチが有効です。


・ 業務用機器

業務で利用する機器においては、データそのものがノウハウであり企業秘密として守られるべき情報となる場合がありそうです。暗号化で企業秘密を守ることが可能です。


・ スマートハウス向け機器

HEMSの普及により、家庭内の生活用機器がネットワークと接続されるようになりつつあります。悪意がある攻撃からユーザの生活情報を守るために、暗号化が役に立ちます。


このページの先頭へ