製品紹介 トレパス > トレパスとは

トレパス

食品企業様の品質管理、商品開発業務に最適な
品質情報管理システム、
それがTOREPAS(トレパス)。

商品、原料の規格書情報のデータベース化を行い、
社内の情報共有、原料表示作成のミス防止、
問合せに対するクイックレスポンスを実現し、企業の信用・信頼を守ります!
原料規格書情報と商品情報をEXCELをもとに効率よくデータベース化し、
原料一括表示作成や商品カルテ作成業務の効率化、
商品の情報共有により営業力強化につながります!
品質管理部、商品開発部、営業部門で活用できるシステムです。
トレパスは、東京システムハウスがご提供するメインシステムとして、
幅広い企業規模の食品メーカー様のニーズにもお応えできる品質情報管理システムです。

トレパスのシステム概要

トレパスは、食品企業向けのパッケージソフトで、多くの食品企業様でご利用いただいております。
EXCELで運用、管理されている原料規格書をそのままでデータベース化することができるので、システム化に伴う大幅な業務改善を行う必要がなく、短期間でのシステム構築が可能です。
原料規格書データベースをもとに配合データを作成し、原料表示の作成や栄養成分の計算を行うことができます。品質保証部や商品開発部などの部署で、商品情報、試作品情報のデータベース化が可能となります。

食品企業様向けソリューション

TSHでは品質情報管理ソフト「TOREPAS」を通して、様々なシステム化提案のノウハウをご提供することができます。 お客様が抱えるあらゆる業務課題に対する総合的なソリューションをご提案させていただきます。

トレパスの特長

さまざまな品質情報の
出力形態に対応

たとえばEXCELベースの規格書ひとつとっても、入力規則やマクロが設定されたものが流通していたり、そのほかにも相手先企業が導入しているシステムへの入力をインターネット上で行う商品情報登録サービスが普及していたりと、食品業界における品質情報のやり取りはますます多様化しています。トレパスでは他社システムや複数のEXCEL書式に情報をアウトプットする機能を強化しています。

食品メーカーの
データベースに特化

原料、半製品、配合などカテゴリ毎のデータベースが完成している食品企業様では、トレパスを導入することによってそれらを統合したトータルなデータベース構築が可能です。これによって、購買部門、品質保証部門、研究開発部門、営業部門、工場など、各部門間で同じデータを共有することができ、それぞれの部門のニーズにあったデータ活用が簡単にできます。

取引先に負担をかけずに
原料規格書をデータベース化

トレパスではEXCELベースの原料規格書を自動的にデータとして取り込むため、仕入先企業にシステム入力を依頼する必要はありません。またEXCELによるデータ取り込みができるため規格書のやり取りをEXCELで行うという現状の業務を大幅に変更することなくシステム化できるのもトレパスの利点です。

優れた操作性と
自由度の高い情報管理

原料規格書のフォーマット設定やデータベース管理項目をユーザーサイドにて追加・変更できるため、ほしい情報を理想的なスタイルで管理できます。また、キーワード検索や原料、商品ビューワ機能など直感的な操作が可能なインターフェースを採用して、優れた使い勝手を実現しています。