KT−NET(Knowledge & Technology Information Network)

ユビキタス・アプリケーション・パレット「KT-NET」

KT-NETとは、株式会社KDDI総合研究所と東京システムハウス株式会社が主催するIT企業を対象としたビジネスコラボレーション集団(会員組織)です。

ドッグイヤーからマウスイヤーへ。インターネットやITを支える技術は、現在日々進化を遂げています。特にインフラの整備やハードウェアの発達また携帯電話の普及などで、企業・個人共にインターネットを利用した様々なサービスを受けられる時代となりました。

私達KT-NETは、ソフト・ハード・コンテンツなど特化したノウハウを保有するITベンチャー集団であり、マーケットニーズや技術の変化に対応し、知識・技術の共有を図り、戦略的提携を行うことで、いち早くお客様に優良なアプリケーション提供することを目的として活動している団体です。

特にユビキタス社会に必要となるネットワーク・マルチメディア・モバイル・セキュリティの高度要素技術を日々研究するKDDI総合研究所による技術支援(開発キット・プロダクツ提供)や優良なコンテンツやシステムを連携させるコラボレーション(共同販売・共同開発)の推進によって『新しいネットビジネスの創造と実現』を具現化しております。

2001年7月に設立したKT-NETも現在では100社を超える会員企業が参画し、会員得意分野(技術や市場)ごとの分科会活動(市場啓蒙・共同販売)、KDDI総合研究所の要素技術を組み込んだシステムの開発、自社ノウハウにないビジネスを展開している会員とのパートナーシップなど、会員間の情報共有が活発化し始め、いよいよ100社共同での情報発信をユーザ様に展開していく段階となって参りました。

今後、共同販売・共同発信・共同開発を目的とした活動(分科会及びセミナー・情報配信)の活性化、政策・大学ベンチャー・メディア・投資系企業・海外ベンチャーとの連携、などにより付加価値の高いビジネスの実現/継続性のある事業の展開を行います

ホームページはこちら

ページの先頭へ