メインフレームマイグレーションサービス メインフレームマイグレーションサービス メインフレームマイグレーションサービス メインフレームマイグレーションサービス メインフレームマイグレーションサービス
メインフレームマイグレーションサービス レガシーマイグレーション
東京システムハウス株式会社 メインフレームマイグレーションサービス

| 概要 |  MMSとは? |  実装イメージ |  資産移行方法 |  対応機種・OS |  MMS工程 |
| MMS for OSS |  電子帳票保管・活用ソリューション |  カタログ |

電子帳票保管・活用ソリューション

時間・手間・コストがかかる帳票の保管、管理を自動化!
基幹システムやオープンシステムから出力される各種帳票を電子化して保管し、活用するためのソリューションです。



■  帳票の登録から管理まで自動的に行う「帳票の保管庫」


■ 帳票の自動転送

帳票が出力された時点で自動転送させ、保管庫に入れることができます。保管された帳票は修正ができなくなるため、帳票の改ざんを防止できます。


■ 帳票の自動分類

転送された帳票は、あらかじめ設定された分類情報に従って、拠点ごと、種類ごとなど利用者が使いやすいよう自動分類されます。手作業による手間や人的ミスが削減できます。


■ 帳票の自動廃棄

あらかじめ設定した保管期限をもとに満期処理が行われ、帳票が自動で廃棄されます。廃棄コストが削減でき、労力も減らすことができます。


■ 帳票検索・閲覧

手間をかけずに目的の帳票を即座に検索できます。保管される帳票は分類されるため、閲覧スピードが向上します。また、監査時にも役立てることができます。


■ データ抽出

紙帳票と同じイメージで参照し、必要なデータだけをCSVやテキストで抽出できるため、表計算ソフトなどで活用が簡単になり、手入力の手間を削減できます。また、帳票をPDFで抽出することができるため、情報共有が容易になり、業務効率も向上します。


■ タブレット参照

タブレットから、さまざまな場所でいつでも帳票参照、フリーハンドでの書き込み・保存ができます。そのため外出先・現場からも帳票を活用でき、業務効率向上に貢献します。



■  電子帳簿保存法へのスムーズな対応を支援


電子帳簿保存法への対応で、税務申告や帳票運用のコストを削減。
将来的にも運用しやすい構成で、お客さまの電子帳簿保存法対応を支援します。


電子帳簿保存法の要件を満たす上で保管が必要となる帳簿データを「活文 Report Manager」に保管することで、監査時に必要なデータを効率的に検索できます。また、電子帳簿保存法に対応するための業務システムの改修コストや、リプレース時のデータ移行コストを削減します。


■ 特長


  • 業務システムの改修を抑えながら、低コストで電子帳簿保存法に対応
  • 見やすい参照用の帳票で検索するため、監査の効率が向上
  • コンサルからシステムの導入まで、電子帳簿保存法適用申請をワンストップで支援



お問い合わせ