メインフレームマイグレーションサービス メインフレームマイグレーションサービス メインフレームマイグレーションサービス メインフレームマイグレーションサービス メインフレームマイグレーションサービス
メインフレームマイグレーションサービス レガシーマイグレーション
東京システムハウス株式会社 メインフレームマイグレーションサービス

| MMS+Cloudとは |  AJBASE |  MMS Tools |  カタログ |  お問い合わせ |

レガシー資産移行後の実行基盤をPaaSで

■ AJBASEの構成


  AJBASEは、移行後のレガシー資産をPaaSで提供します。COBOLアプリケーションの実行に必要なミドルウェアすべて含まれており、データセンターに配置しても利用します。東京システムハウスが提携しているデータセンターの他、お客様の地場のデータセンターなど、どこでも構いません。



AJBASEの構成


■ AJBASEのメリット


■ ベンダロックインをしない


  • 使用するアプリケーションはお客様の資産
  • オンプレミスと同様のミドルウェアを採用、業界標準の技術

■ 高機能な製品を安価に導入可能


  • 初期コストを抑えながら最適なオープン系ミドルウェアを利用可能

■ オンプレミスとの連携が容易


  • オープン系プラットフォームで実績のあるミドルウェアを採用することで、
    オンプレミス アプリケーションとの連携が容易
  • オンプレミスやERP、他のクラウドサービスと連携するための機能を順次提供

■ 既存のオープン系資産の移行先として活用も可能


  • レガシーアプリケーションの移行完了後、
    オンプレミスのオープン系資産を同一環境に移行して頂くことも可能

■ クラウドでもCOBOLでアプリケーション保守


  • クラウド環境であっても、使い慣れたCOBOL言語でアプリケーションを保守可能
  • COBOL要員に不足があっても、TSHがCOBOLの保守・メンテナンスを担当可能

■ システム構成例


■ レガシー資産をAJBASEでクラウド化した場合のシステム構築例


[オフコン性能の参考値]
機種:NEC Express5800/600
CPU:PentiumV1.26GHz * 1 way
RAM:256 MB 〜 4 GB
HDD:36.2 GB 〜 363 GB


MMS+クラウド構築例



■ 価格例


項目 数量 月額利用料 初期費用 備考
AJBASE 1仮想サーバ 12万円 90万円 1core
仮想サーバ 1仮想サーバ 約10万円 約10万円 1core、2GB、100GB
合計 約22万円 約100万円

※仮想サーバは参考値です。実際の価格はデータセンター業者によって異なります。