メインフレームマイグレーションサービス メインフレームマイグレーションサービス メインフレームマイグレーションサービス メインフレームマイグレーションサービス メインフレームマイグレーションサービス
メインフレームマイグレーションサービス レガシーマイグレーション
東京システムハウス株式会社 メインフレームマイグレーションサービス

オフコンA-VXをマイグレーション

  NEC社製オフコンのOSであるA-VX上で動いているシステムは現在も数多く存在し、お客様の業務に欠かすことのできないものとなっています。長年の開発で蓄積されたお客様のアプリケーション≪レガシー資産≫はお客様の業務に最も適した形で作りこまれており、言葉の通り"資産"となっております。しかし一方で、NEC社製オフコンの販売停止および保守切れの時期は確実に迫っており、今後オープン環境にシステムを移行または再構築しなければならない状況となっています。
  そこで、東京システムハウスはお客様に現在お使いいただいているCOBOL資産を、オープン環境でもご利用いただけるマイグレーションサービスを提供しております。


 オフコンA-VXマイグレーションの3つのポイント


東京システムハウスのレガシーマイグレーションには3つの特徴があります。


  1. 今現在、お客様がオフコンA-VX上でお使いいただいているCOBOL資産をオープン環境に移行いたします。そのためお客様がこれまでに構築されたCOBOL資産を今後もご活用いただけます。

  2. 東京システムハウスには60件以上のA-VXマイグレーションの実績がございます。これは、メーカー系を除き業界No.1の実績であることを自負しております。豊富なノウハウを活かしたCOBOL継承ソリューションでお客様のレガシー資産を安全・安心に移行します。

  3. A-VXマイグレーションに対するお客様のご要望は様々ありますが、東京システムハウスはお客様のご要望に応じたマイグレーション手法をご提供いたします。


A-VX,AVXマイグレーションのポイント

 マイグレーションをご検討されているお客様へのアプローチ


A-VXをお使いのお客様の中にも多様なお悩みがあることと存じます。そこで、お客さまから寄せられる代表的なお悩みとそれぞれのお悩みに適した3つのアプローチ手法を下記にまとめました。似たようなお悩みやご要望をお持ちのお客様がいらっしゃいましたら、是非これらのアプローチに関してお問い合わせください。




・自社の資産はオープン環境で利用もできるのか?
・マイグレーションと言えども、オープン化はリスクが高いのではないか?


サンプルマイグレーション

 マイグレーション失敗のリスクや、お使いになられているCOBOL資産が本当にオープン環境に乗るかどうかを心配されているお客様の場合、サンプルマイグレーションをお勧めします。サンプルマイグレーションではお客様の一部資産を実際にマイグレーションすることで、お客様の資産がオープン環境で問題なく動くかどうかをご確認いただけます。もちろん、オープン環境の動作を直接ご覧いただくことも可能です。





・マイグレーションでオープン化ができると言われても動いている画面を見ないと想像し難い
・資産継承と言っても使い勝手は損なってしまうのではないか?


デモンストレーション

 レガシー資産をオープン環境に移行することに漠然とした不安を抱いていらっしゃるお客様の場合、A-VXマイグレーション後のシステムのデモンストレーションをご覧頂く事をお勧めします。こちらは東京システムハウスが過去に実際にマイグレーションをしたお客様の資産を扱っておりますので、実際のオープンシステムの動きを直接確認いただことができます。





・マイグレーションの費用が捻出できない
・オープン環境に移行しても面倒を見られる担当者がいない、もしくはいなくなってしまう


MMS Tools、MMS+Cloud

 マイグレーションを実施する場合、移行のコストおよび人的負担をできるだけ減らしたいというのがご担当者様の本音かと存じます。そこで東京システムハウスはお客様主体でマイグレーション作業を行うことで、マイグレーションコストを下げることができるMMS Toolsや、アプリケーションをクラウド環境に設置することで運用・保守の負担を軽減するMMS+Cloudのサービスを提供しております。